Scythe by Neal Shusterman

読み終わりました!



ページ数:435
発売日:2016年12月22日
シリーズ:Arc of a Scythe 第1巻





Thou shalt kill.

A world with no hunger, no disease, no war, no misery. Humanity has conquered all those things, and has even conquered death. Now scythes are the only ones who can end life—and they are commanded to do so, in order to keep the size of the population under control.

Citra and Rowan are chosen to apprentice to a scythe—a role that neither wants. These teens must master the “art” of taking life, knowing that the consequence of failure could mean losing their own.
Goodreads

人間が死なない?
人を殺すのが仕事?

SCI-FIが苦手な私には、あまり興味がもてないあらすじでした。


このシリーズの3巻が発売になって、大好きなYoutuberさんたち全員がおすすめしているのを見るまでは。


仕事と育児の間に「Audible」で1.5倍速で聴いて、6日で終わりました😊❤️


洋書がこんなに早く終わるなんてAudible様様!


SCI-FIが苦手でもすごく楽しめるストーリー









病気や飢え、戦争などがなくなり人間に寿命もなくなって死ぬことのなくなった世界。


Gleanすることだけが人口増加を抑える手段になったこの世界。


Gleanが出来るのはScytheと呼ばれる者たちのみ。


 Scytheになるための見習いとして選ばれたRowanとCitra。


仕事?としてgleanをするScytheにも心があり、彼らが日々葛藤する様子に惹かれました。 見

習いとして日々を過ごす彼らに突然決められたのは、彼らのうちの一人がScytheになるための1番初めの仕事はもう片方をGleanすること。 


ミステリー要素も少し入ってきて、飽きずに読むことができました。彼らの結末はどうなるのか!?と拙い英語力ですが、1週間ほどで読み終わることができました。



めっちゃ続編が気になります!